地域密着型通所介護事業(デイサービス)の開業・指定申請 /大阪・兵庫・京都
介護保険事業立ち上げガイド     電話 06-4256-7938
     (平日 9:00~18:00) 

        お問い合わせ 


                                                 サイトマップ  個人情報保護方針
トップページ > 通所介護と地域密着型通所介護の比較

トップページ  │  お問い合わせ  │   報酬額表  │  事務所アクセス  │  お客様の声  │  著書・掲載歴


お問合わせはこちら

お気軽にお電話ください。
電話:06-4256-7938
    
メールでのお問合せは、24時間受け付けしております。
 お問合せメール


プロフィール


プロフィール


サービスのご案内
報酬額表
事務所のご案内
事務所アクセス
著書・掲載歴
介護事業(予防)の指定
介護保険法改正情報
介護事業の分類・内容
介護事業の申請受付日等
訪問介護事業(ホームヘルプ)
訪問看護ステーション事業
通所介護事業(ディサービス)
通所介護事業の要件(定員18人超過の場合)
リハビリ特化型ディサービス
地域密着型通所介護(定員18人以下の場合)
通所介護と地域密着型通所介護の比較
福祉用具貸与事業(レンタル)
特定福祉用具販売事業
居宅介護支援事業(ケアマネ)
介護事業指定申請の申請先
介護分野の助成金
地域密着型サービスの指定
地域密着型の分類・内容
小規模多機能型居宅介護
小規模多機能型居宅介護と通所介護の比較
地域密着型通所介護(定員18人以下の場合)
通所介護と地域密着型通所介護の比較
障害福祉サービスの指定
障害者総合支援法とは?
障害福祉サービス分類・内容
居宅介護・重度訪問介護
同行援護
移動支援事業
生活介護
短期入所(ショートステイ)
共同生活援助(グループホーム)
障害者総合支援法の申請先
障害児支援事業  
児童福祉法の改正内容と分類
児童発達支援事業
放課後等デイサービス事業
保育所等訪問支援事業
児童発達支援と放課後等デイの多機能型事業
お客様の声
開業されたお客様一覧

無料小冊子シリーズ(全5冊)

これから介護事業の起業・独立開業される方向けの無料の小冊子です。詳細は、画像をクリックください。

※同業者はご遠慮ください。


介護タクシー事業の許可
介護タクシ-事業許可(4条)
特定旅客自動車運送(43条)
自家用有償運送許可(78条)
福祉有償運送の登録(79条)
法人設立
株式会社設立
合同会社設立
NPO法人設立
CAFE タイム
介護事業立ち上げ(ブログ)
メルマガ(相続・遺言)
介護小冊子シリーズ(全5冊)
介護タクシー小冊子





通所介護事業と地域密着型通所介護事業との比較

通所介護事業と地域通所介護事業の比較


(1)通所介護の改正
 要介護者を対象とする通所介護は、平成28年4月1日ら地域密着型通所介護が創設され、利用者定員により、通所介護に該当する事業所か、あるいは、地域密着型通所介護の事業所と分類されました。

なお、介護予防通所介護は、利用者定員にかかわらずこれまでと同様の介護予防サービス事業となります。

    平成28年3月31日まで 平成28年4月1日から 
1)通所介護事業                
  ・・・要介護者(要介護1~5)を対象
イ 利用者定員が19人以上の場合
  通所介護
   ・・・要介護者(要介護1~5)を対象
ロ 利用者定員が18人以下の場合
  地域密着型通所介護
   ・・・要介護者(要介護1~5)を対象
2)介護予防通所介護事業
   ・・・要支援者(要支援1・2)を対象
従前と同様
                     

(2)相違点
 通所介護と地域密着型通所介護は、利用者の対象者は、上記の表のとおり違いはありませんが、大きな相違点は以下とおりです。 
    通所介護(定員19人以上) 地域密着型通所介護(定員18人以下) 
 相違点      営業地域 制限はない。 原則として、事業所が所在する市町村の住民に限定される。
ただし、所定の手続きを行うことにより、事業所所在地の市町村以外の住民が利用することも可能となります。
 運営推進会議 運営推進会議の規定はありません。 「運営推進会議」をおおむね6ヶ月に1回以上開催し、活動状況を報告し、評価を受けるとともに、会議で要望や助言を聴く機会を設けることが義務付けられています。
指導訓練室の面積 定員が19人以上となりますので、最低でも、57平方メートルの面積が必要になります。
※1人あたり3平方メートルで計算
定員10人の場合は30平方メートル、定員が18人の場合は、54平方メートルと事務所経費の予算に応じて選択することが可能です。
※1人あたり3平方メートルで計算
人員  定員19人からですので、看護職員と介護職員はどちらも必要になります。

定員10人と設定した場合、介護職員または看護職員のいずれか1名を選択できますので、管理者兼生活相談員1名、機能訓練指導員1名と最低3名で行うことが可能です。
事業所の規模(算定区分)  前年度の1月当たり平均利用延人員数が、
イ 750人以下の場合
 ⇒通常規模型通所介護費

ロ 750人を超え、900人以下の場合
 ⇒大規模型通所介護費(Ⅰ)

ハ 900人を超える場合
 ⇒大規模型通所介護費(Ⅱ)

前年度の平均利用延人員数にかかわらず地域密着型通所介護費で算定する。
※従前の小規模型通所介護費に相当。
 基本報酬  事業所の規模(3分類)に応じて、基本報酬が異なります。
基本報酬が高い順に、通常規模型、大規模型(Ⅰ)、大規模型(Ⅱ)となります。
通所介護の基本報酬よりは、地域密着型通所介護の基本報酬は高いです。
基本報酬の詳細は、次の(3)をご参照ください。


(3)介護報酬の比較(平成28年4月1日~)
 以下の表は、入浴、食事や介護を提供し、一日中行う7時間以上9時間未満の事業所と、 リハビリ特化型のように午前・午後に分けて短時間で行う3時間以上5時間未満の事業所の基本報酬をあげています。

 ただし、5時間以上7時間未満の基本報酬もありますが、ここでは省略しています。

<通所介護の基本報酬>
通所介護は、1月当たり平均利用延人員数により基本報酬が異なります。
通所介護(定員19人以上) 
  提供する時間 
<7時間以上9時間未満> <3時間以上5時間未満>
イ 750人以下の場合
 ⇒通常規模型通所介護費
要介護1 ( 656 単位)
要介護2 ( 775 単位)
要介護3 ( 898 単位)
要介護4 ( 1,021 単位)
要介護5 ( 1,144 単位)
要介護1 ( 380 単位)
要介護2 ( 436 単位)
要介護3 ( 493 単位)
要介護4 ( 548 単位)
要介護5 ( 605 単位)
ロ 750人を超え、900人以下
  の場合
 ⇒大規模型通所介護費(Ⅰ)
要介護1 ( 645 単位)
要介護2 ( 762 単位)
要介護3 ( 883 単位)
要介護4 ( 1,004 単位)
要介護5 ( 1,125 単位)
要介護1 ( 374 単位)
要介護2 ( 429 単位)
要介護3 ( 485 単位)
要介護4 ( 539 単位)
要介護5 ( 595 単位)
ハ 900人を超える場合
 ⇒大規模型通所介護費(Ⅱ)
要介護1 ( 628 単位)
要介護2 ( 742 単位)
要介護3 ( 859 単位)
要介護4 ( 977 単位)
要介護5 ( 1,095 単位)
要介護1 ( 364 単位)
要介護2 ( 417 単位)
要介護3 ( 472 単位)
要介護4 ( 524 単位)
要介護5 ( 579 単位)


<地域密着型通所介護の基本報酬>
平均利用延人員数にかかわらず地域密着型通所介護費として算定します。
地域密着型通所介護(定員18人以下)
  提供する時間 
<7時間以上9時間未満> <3時間以上5時間未満>
イ 750人以下の場合
 ⇒通常規模型通所介護費
要介護1 ( 735 単位)
要介護2 ( 868 単位)
要介護3 ( 1,006 単位)
要介護4 ( 1,144 単位)
要介護5 ( 1,281 単位)
要介護1 ( 426 単位)
要介護2 ( 488 単位)
要介護3 ( 552 単位)
要介護4 ( 614 単位)
要介護5 ( 678 単位)


通所介護事業と地域通所介護事業の開業

上記の比較をご参照いただいた方は、通所介護と地域密着型通所介護のどちらで開業するか、少しは悩みを解消できたのではと思います。

実際に、開業するにあたっては、指定を受けることが必要です。

指定を受けるための基準は、次のとおりのリンク先でご紹介しておりますので、ご参照ください。

 イ 通所介護で開業する場合の指定基準

  通所介護事業の要件(定員18人超過の場合)

 ロ 地域密着型通所介護で開業する場合の指定基準 
  地域密着型通所介護(定員18人以下の場合)




           通所介護事業、地域密着型通所介護事業の立ち上げのご相談、手続のご依頼
             開業相談・ご依頼はこちら
             今すぐのお問合せ等は、
06-4256-7938まで
トップページ  │  お問い合わせ  │   報酬額表  │  事務所アクセス  │  お客様の声  │  著書・掲載歴




訪問介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業、訪問看護事業の立ち上げ支援 大阪 兵庫
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   会社設立サポート   介護タクシー事業立ち上げガイド   相続遺言手続サポート